上野の杜から−しのばず自然観察会&彰義隊・上野公園

しのばず自然観察会のHPへようこそ!

 しのばず自然観察会は、都市の自然を考えることをテーマに、1975年に東京都心にある上野公園の彰義隊墓所(当時)を拠点に発足しました。上野公園・不忍池をメインフィールドとして、上野公園の自然と歴史的文化的環境を調べ、学び、継承・普及して、広義のまちづくりに寄与したいと思っています。
 月1回の定例会では、公園・緑地めぐりを主として、自然やまち歩きを楽しみながら、環境の重要性を学び、また上野公園・不忍池の保全のお手本になることを吸収しています。12月には定例の、不忍池水鳥個体数調査を1981年より続けています。また、1月と6月には、多くの人々に上野公園・不忍池のよさや環境問題を伝えるための公開観察会を行っています。2016年秋から、上野公園としのばず自然観察会の歴史を学ぶ上野しのばず学習会を、原則奇数月の最終土曜日に、上野のお山を学ぶ会と共催で行っています。



事務局 〒110‐0001 東京都台東区谷中3−1−9 小川潔方
年会費 2,000円 ほかに行事参加費 代表幹事:小川 潔、幹事:猪狩吉雄
電話連絡先 03-3828-8775 (小川 FAXも可) 郵便振替 00100-8-84609 しのばず自然観察会
URL:http://sinobazu.extrem.ne.jp (URLが左記のように変更になっています。アドレス帳の訂正を!)
 

2020年5月23日更新

しのばず自然観察会
 ■
活動記録
 ■ニュースレター
 ■出版物
 ■事務局・入会案内
 New!上野のお山・不忍池の近況 附 谷中霊園
 ■
学習会資料「タンポポの生物多様性と生き残り戦略―外来種問題」ダイジェスト版

 

上野公園情報

自然保護情報(調整中)

谷中地区計画の概要と問題点・不安点を追加しました。2019.10.19

上野彰義隊
2020年5月15日の第153回忌追善法要について
New!上野彰義隊墓所墓守代々の記(途中版)一部公開中 



 このHPのトップページ及び上記各ページの記事・写真・図表等について、行事案内を除き、無断転載はお断りします。転載に関しては会までお問い合わせください。
お知らせ(新着)
ームページの情報拡充

新型コロナウイルス感染防止のため、しのばず自然観察会では3月以降の野外活動と学習会を停止しています。その間、紙媒体の通信とホームページで上野公園・不忍池の情報などを提供したいと思います。ホームページに新たに「上野のお山・不忍池の近況」を設けたほか、学習会関係のテーマに関すること(延期になった第20回のテーマである「タンポポの生物多様性と生き残り戦略―外来種問題」、「上野彰義隊墓所墓守代々(仮称)」を順次追加していく予定です。どうぞご愛読ください。          
                   (しのばず自然観察会代表幹事 小川潔)

今後の活動予定

 新型コロナウィルス感染防止のため、3月より野外観察会と室内学習会学習会の活動を停止しています。
 なお、会員向け通信および本ホームページには上野公園・不忍池の様子を適宜掲載します。左側サイドメニューからの「上野のお山・不忍池の近況」をご覧ください。

           冬季2019年-2020年)の不忍池
新型コロナウイルス感染防止のため、しのばず自然観察会の野外活動と学習会を停止しています。この間の上野公園・不忍池の情報を発信しています。
2020年4月以降の情報は、別項「上野のお山の近況」、「不忍池の近況」をご覧ください。

2020年3月25日 暖冬のせいか桜の花も見ごろになってきましたが、コロナウイルス感染拡大防止のため。今年は宴会禁止になっています。アメ横の人出も上野の山の人出も少なめで、前の人との距離を2m以上とっても歩けます。ところが、この日のボート池はボートがいっぱい。外出自粛のせいで、他人との距離が確保できる水上のボートに人々がストレス解消の場を求めたのでしょうか、おかげで、オカヨシガモなどは見つからず、ボートが入れない北側(動物園寄り)の部分にもカモの数は少なめです。

2020年3月6日 ボート利用者が少ないせいか、ボート池でオカヨシガモが25羽前後見られました。ヨシガモは1ペアー。スズガモにはその後、会えません。
2020年3月13日 暖かい陽気でボート利用が増えました。ヨシガモは蓮池の枯蓮の茂みの中にいます。枯蓮の刈り取り跡の水面にハシビロガモが出てきて目立ちます。

2020年2月28日、ヨシガモ2ペアーと雄1羽は蓮池南端付近に移っていました。ボート客が少ないせいか、ボート池にはオカヨシガモが24羽以上いました。  

2020年2月19日 ボート池でスズガモのオス1羽を確認しました。ヨシガモやオカヨシガモがそばでペアーをつくっているのに、岸近くに1羽だけでいて寂しそうに見えました。
      スズガモ雄の写真はこちら。

2020年2月末まで、ボート池のボート営業が水曜日に休業します。ヨシガモ観察には2月12日、19日、26日がおすすめです。

2020年1月末より、東京都による蓮池の枯れ蓮(水上部分)の刈取りが始まり、2月19日現在、ほぼ終了しました。

2019年12月22日 個体数調査結果
カモ類の個体数は255羽で、長期減少が下げ止まりとなりました。
 詳細データはこちらからご覧ください。ボート営業前の早朝にはヨシガモ、オカヨシガモがボート池にいます。 ◎1967年からの変遷はこちら

2019年12月 ヨシガモとオカヨシガモが飛来
12月第1週より、オカヨシガモ、次いでヨシガモが飛来し、滞在しています。
12月14日現在、ボート池にオカヨシガモ5以上、ヨシガモ雄2、雌2が見られています。ボートが近付くと、動物園池方面に飛び去りことがありますが、また戻ってきます。この2種は、近づいていることもありますが、、キンクロハジロの群れとは別行動をしています。
12月の写真はこちら。オカヨシガモ雄 オカヨシガモ雌 ヨシガモ雄 ヨシガモ雌
 


以下参考 昨シーズン(2019年)のヨシガモほか
ヨシガモのペアー来訪:1月23日、25日、30日にボート池の岸に上がってきました。26日以降は一時見えませんでしたが、2月、3月と断続的に見られました。ヨシガモの来訪は昨季が2月、一昨季が4月でしたので、季節的には早まっています。岸辺や陸上にいるので、これまで来ていた個体の可能性も考えられます。蓮池の枯れ蓮刈りが始まったせいか、今年もボート池で見られます。 写真はこちら(オス)、 (メス)。 
 なお、4月3日には、花見で大混雑の岸辺を尻目に、蓮池で餌をとるペアーが確認できました。3月までの個体と同じかはわかりません。

カイツブリが蓮池で繁殖しました。5月末現在、少なくとも2家族、あるいは3家族かも。

6月19日に開花2日目と見られるハスの花を確認しました。
 
ミニガイド不忍池の水鳥 発行しました

 かねてよりの懸案だったしのばず自然観察会40周年記念 不忍池の水鳥ミニ絵ガイド が2016年末に発行されました。会員、資料交換団体には早々にお送りしました。2017-18年冬シーズンに活用してください。
 このガイドは、水彩画を加藤千鶴子会員が描き、これまで不忍池で見られた水鳥を紹介するアーカイブとなっています。残念ながら、在庫切れになりました。
 

  

これは写真

上野公園の樹が切られています! 市民の声にその後は当面凍結

動物園西園横の並木や移植保存していたタブの大木、弁天門前のクスの大木に続いて、動物園正門前の木々が除去され・・・ JR上野駅公園口前の木々は、市民の声が上がって、とりあえず、1本を除いて撤去は延期になりました。が、・・・
これに追い打ちをかけて、2020年には来園者3000万人とも4000万人とも言われる目標を掲げて、国を挙げての上野公園開発計画が動き出そうとしています。今でさえ過剰利用で上野公園は人、人、人。イベントセールスの場と化しています。止めるのはあなたと私、市民の声と力しかありません。

上野公園への私たちの願い

 上野のお山と不忍池一帯は、江戸時代から寛永寺の敷地となり、宗教の聖地として、また花見、月見、雪見と人々に親しまれてきました。明治維新(慶応4年・1868年)の上野戦争により、寛永寺の伽藍の多くが消失しましたが、翌明治2年には花見シーズンに先立ち東京市民に開放され、明治6年には日本の公園制度発祥の地の一つとして公園になりました。これには、病院建設地になっていた上野のお山の視察に招かれたオランダ人軍医ボードウィンによる、素晴らしい自然景観を残すため病院建設はやめて公園にしてはどうかという提言や、東京府知事になった大久保一翁の、江戸の名残を伝えたいという配慮が貢献しました。

 明治時代には、不忍池の周りが政府高官の競馬場になったことがありますが、上野公園を管理していた博物局はこれに反対し、人々の「風月の権」を主張しました。お役所が率先して、日本で初めて環境権を唱えたのです。

 以来、関東大震災、第二次世界大戦の戦火に見舞われたにもかかわらず、上野のお山には清水堂、上野東照宮などに代表される歴史的建築が残り、また公園地は被災者を受け入れてきました。戦後も上野公園は東京都民の憩いの場所として引き続き維持され、都市公園法施行による神社仏閣や国立施設の公園からの分離や文化施設の拡充ののち、東京都は建築規制を厳守して上野公園の空間を保存してきました。

 第二次世界大戦直後、不忍池が野球場にされようとしたときは、地域の商店主や上野の文化施設関係者、文化人らが中心となってこれを止め、水辺空間を守りました。25年ほど前には、不忍池に地下駐車場建設の話が起こりましたが、地域住民、芸術家をはじめとする広範な都民・市民の保護運動により池は守られました。

 上野のお山の寺院・墓地も、改変しない場所であったため、江戸を伝える草花や野鳥が集まる場所をよく残してきました。寛永寺の本坊跡に建てられた東京国立博物館は、敷地内に江戸を伝える前庭と裏庭を残し、数十年前まで苗圃を持ち園庭維持にあたってきました。しかし、最近では文化施設の新築・増築のため、これらの空間が次々と失われつつあります。

 心が落ち着く、安心感があるとして多くの人から好まれているのが神社仏閣の境内や公園の樹林地・池畔です。自動車や人混みから離れた静けさ、木立に囲まれた自然性、歴史を感じさせるものが備わり、ほっとする空間あることが上野公園のアメニティであり、これは喧噪の東京砂漠とは対極にあるという研究成果も出されています。上野公園を訪れる人は、昔ながらの道すじや木立ち、建物、人々の営みを見て安心します。世代を超えた共通した風景や空間があることこそ上野公園の特徴です。

 国際連合の賢人会議(ブルントラント委員会)は1980年代に「われら共有の未来 Our Common Future」と呼ばれる宣言を発表し、私たちの世代が享受している環境からの恩恵と同じものを未来世代が享受できるような環境の使い方をする責務があると訴えました。これは1992年にリオで開かれた国連「環境・開発会議」で持続可能な開発(発展)という主要議題となり、21世紀のキーワードとなりました。次の世代に上野公園の自然と歴史的空間を伝えていくことは、私たちができる持続可能な公園づくりの柱だと考えます。

2015年1月 しのばず自然観察会創立40周年に当たって 代表幹事 小川潔

上野公園の開発計画再燃!

自然と歴史環境、憩いのアメニティ空間の危機2015〜
  詳しくはこちら


過去の活動記録はこちら

 
Top Page (C)2015 しのばず自然観察会 ALL Rights Reserved